月別アーカイブ: 2014年11月

私立中高一貫校のメリット:人間関係が変わらない

私立中高一貫校は中学受験を考える親御さんたちの多くが進学目標として掲げる学校の一つです。中高一貫校にはどのようなメリットがあるのでしょうか。通常の3年制の中学校や高校と比較すればお分かり頂けるように、まずカリキュラムが6年間一貫しているということが最大の特徴です。6年間という長期間の中で一貫した教育方針の下、ゆったりと教育を受けられることによって教育の質の高さが担保されるということは親御さんが最も安心される点ではないかと思われます。これらに加えて、もう一つ重要なメリットは、子供を取り巻く人間関係が変わらないということです。中学受験はともすれば学力やそれに関するメリットを獲得するための競争であると考えられがちなのですが、実はそれだけではないのです。すなわち6年間という長い期間を通して安定した人間関係のもとで学習することができるという極めて質の高い教育環境を手に入れることができるというメリットもあるのです。通常の3年制の中学校では最終学年はどうしても高校受験対策に追われることになり、せっかく築き上げてきた子どもたちの人間関係ももう一度やり直さなくてはならなくなります。中高一貫校ではこうしたことが起きにくいのです。ですから中学受験をすることによってより安定した人間関係さらにはそこから派生する社会関係を築き上げるチャンスを得ることができるのです。こうしたメリットについても中学受験をするお子さんに説明して差し上げることが重要ではないでしょうか。